1−2:内部結露が起こった原因を解説し、通気層の必要性を解説 2

3:通気層がある外壁(新在来木造工法)

1:シート気密工法 2:ボード気密工法(大壁) 3:ボード気密工法(真壁)

4:ボード気密工法における通気層の働き

在来木造の一般的な建て方では
壁内と床下及び天井裏とが連結しているため冷気竜が生じ、それが室内の暖かい湿った空気を壁内に吸い込む。よって、床下及び室内から大量の水蒸気が壁内に侵入する。

これで対処するには、通気層内を外気が流れて大量な水蒸気を排出する必要がある。
新在来シート気密、ボード気密工法では
気流止めが設置され、壁内気流は生じない。壁内への水蒸気の侵入は壁材・コンセント部等の透湿する分のみで、左記に比べ桁違いに小さい。

通気層は、そのわずかな壁内水蒸気が壁外側のボード材料から透湿して外部へ拡散によって逃がすスペースという位置づけになる。

・通気層は数㎜の厚さでも良い
・通気層は外気が流れる必要は必ずしもない
・外壁材の透湿も働いてくる
・防水のための通気層の透湿は確保される必要がある