断熱方法は外断熱方式か、それとも充填断熱方式か

断熱方式について、大きく分けて2つの方式があります。外壁側に発砲樹脂系の断熱材を張り付ける外断熱と壁の中に断熱材(グラスウール、ロックウール、セルロースファイバー等)を入れ込む充填断熱とがあります。
 以前から大きな論争となって、TVコマーシャルでも話題になりました。しかし、この論争も、ひ弱な次世代省エネの断熱スペックが招いた過渡期的な現象であると思えてきます。

 「Q1.0宣言」 のところでもお話ししましたが、「次世代省エネ」での断熱性能は必ずしも十分ではなく、省エネを図ろうとすれば「Q1.0(キューワン)住宅」を目指す必要があります。

 つまり、断熱性能を上げる必要があるのです。断熱性能を上げようとすれば、現在の外断熱、充填断熱では断熱材の施工において、限界が生じます。

 外壁に関しては充填+付加断熱を採用せざるをえなくなります。その時点で充填断熱にはどの断熱材を採用するのか、付加断熱(外断熱)にはどの断熱材を採用するのかということになりますが、付加断熱に発砲樹脂系断熱材だけでなく、グラスウール系の断熱材でも選択可能です。このような断熱方式になってきますと、今までの断熱論争が不毛になってきます。

 断熱材を採用する部位において、コスト、安全性、施工の観点から、適材適所の材料を選択することが重要で、外断熱or充填断熱という断熱方式の差異を謳い文句に高断熱化を進める時代ではなくなってきています。